カテゴリー: コラム

Graduate School in US 

私は1992年の夏から二年間、Stanford大学の大学院に在学した。それまで海外旅行程度しかしたことのない私には海外生活自体が始めてのことであり、学校生活では多くの”始めて”を経験した。米国の大学の仕組みが日本の大学のものと違っていることは予想できたが、それにしてもその差には驚かされた。

Read More

スタンフォードMBA 

エンジニアでもセールスでも、それ以外のどんなビジネスでも、「天才的能力」もしくは「天才的ツキ」に恵まれた人だったら、学位など全く必要ない。しかし、そうではない人間にとって、アメリカのビジネス社会ではマスター以上の学位はかなり重要。シリコンバレーのハイテク企業に限って言えば、「必須」といっても過言ではない。中でも、純粋なエンジニアリング・サイエンス関係ではなく、マネジメント系のパスを選ぶのであればMBAが有効となる。

Read More

人・Focus

IMCA America Executive Director 八木博氏「開放系と閉鎖系」
八木さんは、駐在員として米国で働いていた時に、自由な雰囲気のシリコンバレーが気に入り、この地に暮らすことを決意しました。永住権を取得後、現在はIMCAのExecutive Directorとして、米国と日本を活発に行き来して活躍しています。イリヤ・ブリゴジンの「非平衡の熱力学」の理論を応用してシリコンバレーを「開放系」と表現する八木さんに、その視点を「開放系と閉鎖系」と題して綴っていただきました。

Read More

シリコンバレーで働くプロたち

・シリコンバレーは私をどう変えたか−起業の聖地での知的格闘記
・ガズーバ!−奈落と絶頂のシリコンバレー創業記
・シリコンバレーの日本人起業家たち−ハイテクベンチャーに賭ける夢と挑戦の記録
・目利き−シリコンバレーのスター経営者たちが最も信頼する日本人
・シリコンバレー・スピリッツ−起業ゲームの勝利者たち

Read More

シリコンバレーの社会科学的な研究

・シリコンバレー―なぜ変わり続けるのか〈上〉 (下)
・ベンチャーズ・インフラ
・現代の二都物語―なぜシリコンバレーは復活し、ボストン・ルート128は沈んだか
・アメリカを創ったベンチャー・キャピタリスト―夢を支えた35人の軌跡
・「シリコンバレー」のつくり方―テクノリージョン型国家をめざして
・シリコンバレー創世記―地域産業と大学の共進化
・シリコンバレーに行きたいか!
・シリコンバレー革命ー未来型経営が始まった
・シリコンバレーの天才たち―明日を創る「人」と「場所」 知恵の森文庫
・シリコン・ヴァレー物語 受けつがれる起業家精神
・シリコンバレーで成功する秘訣
・ネットワーク型ベンチャー経営論

Read More

英語失敗談 No. 1

シリコンバレーでどんなに長く暮らしても、ネイティブスピーカーでも無い限り、言葉の壁は外国人の我々にとっていつまでも頭痛の種です。このコーナーでは、数々の英語の失敗談を集めてみました。CollectionをCorrectionと間違えて恥をかいたなど、日本人なら頷いてしまう共通の失敗も多いはずです。読者の方々からも、失敗談を募っています

Read More

シリコンバレーの雇用状況

IMCA AmericaのManaging Director & CEOである立野智之氏
「日本人として仕事を捜す」という観点から全般的にシリコンバレーの雇用状況を語って頂きました。当日使われたプレゼンテーションのPDFファイルはこちらからダウンロード下さい。

Read More

Page 7 of 7

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén