カテゴリー: インタビュー

自分のやりたい事がシリコンバレーにあったから

自分のやりたい事がシリコンバレーにあったから、という自然な流れでシリコンバレーの企業にお勤めされている3人のエンジニアの方々からは、日本企業とアメリカ企業の雇用、実際の仕事の様子、昇進の形という、アメリカ企業の裏事情をお聞きする事ができました。(インタビュー日:2002年6月15日)

Read More

佐藤 真治

個人の能力が非常に重要な意味を持つシリコンバレーで、個人をサポートする仕組みやどのように個人が重要なのかを話していただきました。またいくつもの会社を経験して感じたこともお聞きしました。(インタビュー日:2002年6月14日)

Read More

中町昭人

中町さんは、シリコンバレーにロングタームで滞在している数少ない日本人弁護士でいらっしゃいます。日本人で、シリコンバレーでの起業を考えている人たちを助けるという形で社会に貢献したいというお気持ちや、コミュニティー作りにかける情熱を強く感じました。また、弁護士というご職業ゆえに、言葉とカルチャーという高いハードルを乗り越えるために、大変な苦労をされたというお話も聞くことが出来ました。(インタビュー日:2002年6月17日)

Read More

藤村 道男

常にインターナショナルな環境でお仕事をなさってきた藤村さんからお話を伺いました。シリコンバレーで仕事をする上で必要なことは何か、そのようなことに関してもお話いただきました。お話から自然体のまま世界で活躍なさっているお姿がよく分かりました。(インタビュー日:2002年6月17日)

Read More

藤枝 妙子

外国暮らしの経験をお持ちでありながら、初めは日本企業にお勤めになられ、また、エンジニアでありながらMBAを取得された藤枝さんからは、働く女性としての視点、MBAをとってから友人と始めたスタートアップと現在のお仕事についてなどをお聞きすることが出来ました。(インタビュー日:2002年6月19日)

Read More

八木 博

開放系という言葉をkeywordとして、シリコンバレーにおける人の流動化の現状や、日本でのその意識変化について、また起業するにあたっての必要なスキルについてもお話していただきました。また、世界をも視野にいれてやる事をしっかり明確にし、開放系に飛び込むべきだ、というメッセージを頂きました。(インタビュー日: 2002年6月18日)

Read More

瀧口範子

ジャーナリストである瀧口さんにとってシリコンバレーの最大の魅力は、知的な活動が活発でインプットに事欠かないアイデアの宝庫という点。シリコンバレーは、アイデアのダイナミズムを実感できる街だそうです。お仕事上、様々な方と出会う機会が多い瀧口さんからは、人物を通して見えるシリコンバレー像を伺うことができました。 (インタビュー日: 2002年6月12日)

Read More

スタンフォードの日常生活

スタンフォードの大学院で勉強なさっている二人に実際の授業の様子やスタンフォードの学生の日常生活など、本ではなかなか触れられないお話をしていただきました。日本との違いとしてどのような授業が行われているのか、またその授業に対し、学生がどのような意識でどれだけの時間を費やして参加しているのか、ということに関してもお話いただきました(インタビュー日: 2002年6月16日)

Read More

Page 3 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén