月別: 2003年7月 Page 1 of 2

セミナー:Jobless Rate 8.5% 今企業が欲しがる人材 What’s Hot, What’s Not

テーマ ■今企業が欲しがる人材 What’s Hot What’s not
■Jobless Rate highest in 9 years での就職:理想と現実
■就職の窓口 ヘッドハンターの仕組み公開と上手なつきあいかた
IMCA America, Inc. Managind Directorの立野智之、八木博両氏をスピーカーに7月28日、Palo Altoにて開催しました。上記の3つのテーマを中心に、ベストなキャリアプランの作り方ノウハウが、具体的な事例、現在の動向とともに説明されました。

続きを読む

No.6 2003年7月号

続きを読む

Meeting Rules

■根回し
「根回しをそのままNemawashiといってアメリカ人の同僚たちに説明したら『おお新しいコンセプトだ』と受けた。

続きを読む

スタンフォードMBAのネットワーク

「MBAはネットワークを手に入れるために取るものだ」とよく言うが、実際「ネットワーク」というものの実態は何で、それはどんな風に役に立つのか。

続きを読む

Ph.D転職体験記

2003年1月21日、私が勤務していたバイオベンチャー、Geron Corporationはレイオフを発表した。そして私もその対象になってしまったのである。初めて経験する解雇宣告。それまでの「明日はわが身」的雰囲気から一転、本当にその日「わが身」のことになってしまった。

続きを読む

Oracle出身者が席巻するシリコンバレーのCRM業界

OracleのPeopleSoft買収のニュースが今テクノロジー業界を賑わしている。Oracleと言えばシリコンバレーのEnterprise Softwareの中核的存在だが、あまたの優秀な人材を送り出すのでも有名だ。

続きを読む

No.5 2003年6月号

続きを読む

No.4 2003年5月号

続きを読む

No.3 2003年4月1日号

続きを読む

シリコンバレーの大学

米国カリフォルニア州、シリコンバレーはコンピューター科学とその企業化で有名であることはいうまでもないが、生命科学分野でもスタンフォード大学、UC Barkley、UC San Franciscoを中心として、UC Santa Cruz、UC Davisも含めると、恒常的に多大な研究業績と、人材を輩出している。いわゆるバイオベンチャーの始まりは、1970年代の後半に誕生したジェネンテック(南サンフランシスコ)である。最近の統計では、これらの大学から生まれた知的財産に関係して生まれたバイオ企業は163あり、年間にそれら企業から大学にもたらされる特許使用料は100億円をこえている。

続きを読む

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén