6月のサロンはシリコンバレーのゲーム開発企業にて大規模なモバイルゲーム用のUI開発チームとウェブシステム開発チームを率いている岡田氏をお迎えします。

岡田氏は大学卒業後にWebシステム開発を行うスタートアップを創業され、自動作曲技術を製品化し経済産業省IPAによる未踏ソフトウェア創造事業に採択されています。また米国シリコンバレーにてImprovista Interactive Music, Inc.を共同設立しCTOに就任、編曲機能つき着メロサービス「Mobjam」をローンチしてAT&T Wirelessなどの米国キャリアに公式サイトとして採用されるまでに成長させる等大きな活躍をされています。

さて、現在のモバイル/ウェブでは高性能なデバイスと高速なネットワークによってより複雑で高機能なアプリ、ゲーム、サービスなどが普及しています。それに伴ってそれらのプロダクトを使用ないし操作するためのユーザーインターフェイス(UI)も以前と比較して大幅に進化し洗練されてきており、最新のUI開発を支えるツールやオープンソース技術も劇的なスピードで進化しています。サロン当日はWeb/Mobileの世界を中心にこれまでのUI開発を取り巻く環境や技術トレンドの変化を振り返るほか、UI開発におけるホットな話題、今後のUI開発の考え方などについて岡田氏のお話を伺います。

 
◾️時間・場所

6/28 金曜日 WSGR 弁護士事務所 ( 650 Page Mill Road Palo Alto, CA ) にて

参加申し込みはmeetup.comにてお願い致します: https://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/262238004/

19:00開場/ネットワーキング、19:30より岡田氏のスピーチ開始

参加費は$8。軽食つき。学生の参加費は無料になりますのでその場合はmeetupにて Jin Yamanakaまでご連絡下さい。その他当日の参加についてはこちらをご参照下さいませ。 http://www.jtpa.org/faq

 


 
◾️アジェンダ

・そもそもUIとは
・技術革新に伴うUIの進化と複雑化
・UIデザインやUI開発におけるトレンドの変化
・Web/Mobile UI開発時に考慮すべき要素
・MVCやコンポーネント指向UI開発を支えるオープンソース技術(React, Vue等)
・UIの限界とZero UI

 

◾️スピーカー:岡田 謙之 (おかだ のりゆき)氏

1997年 東京大学法学部を卒業
1999年 (有)アコースティックを共同設立し代表取締役に就任
2001年 自動作編曲技術を使った着メロサービス「remix4U」を開発
2002年 シリコンバレーに渡りImprovista Interactive Music, Inc.を共同設立しCTOに就任。同年 IPAによる未踏ソフトウェア創造事業に「リアルタイム自動作曲システムの開発」をテーマに採択される
2004年 編曲機能つき着メロサービス「Mobjam」をAT&T Wirelessなどの公式サイトとして開始
2006年 インフルエンサーをフィーチャーしたミレニアル世代向けブログサービス「Riottt」を開始
2008年 サンタクララのゲーム会社Aeria Gamesに転職、Webアプリ開発と携帯ゲーム開発を率いる
2016年 パロアルトの携帯ゲーム会社に転職、ゲームUI開発とWebアプリ開発を率いる

プロのジャズベーシストでもあり、これまでMonterey Jazz Festival, San Jose Jazz Festival, Stanford Jazz Festival, SFJAZZ, Yoshi’s, Dizzy’s Club Coca-Colaなどに出演。東日本大震災後の復興応援イベントJazz Katsu(計5回)にて音楽ディレクターを担当。また、復興応援のために日系米国人メンバーで結成されたジャズバンドOtonowaの活動も続けており、今年11月には7回目となる東北ツアーを行う予定。

 


 

岡田氏より:
10歳の時にプログラミングを始めて独学でゲームなどを作る一方、5歳からピアノを始めて中学時代からドラムやベースなどのバンド活動、シーケンサー打ち込みや音楽プログラミングに没頭していました。芸大・美大に進学した二人の姉の影響もあり、小さい頃から絵やデザインにも興味を持っていました。アコースティック社とImprovista社にて自動作曲技術に取り組み製品化に成功しましたが、その過程でモバイル向けHTMLを使ったUIやJ2ME, BREWなどのモバイルアプリUIにも取り組むようになりました。Riottt 開発時にFlashを使ったUI開発も学び、それがきっかけでAeria GamesでもFlashを使ったミニゲームの開発や、Flash/JavaScriptを使った携帯Webゲームの開発なども行うようになりました。

現在ではリアルタイム・ストラテジーという、膨大な機能のための多様なUIに大きく依存するジャンルの携帯ゲームのUI開発を率いるほか、ゲーム運営などに使われるゲーム管理システムの開発チームも率いています。当日は、これまでのWeb/Mobile UI開発を取り巻く環境や技術トレンドの変化を振り返るほか、UI開発におけるホットな話題、今後のUI開発の考え方などについてざっくばらんにお話できればと思います。

Comments are closed.

Post Navigation