JTPA共催のセミナーです。KDDI、ソラコム、キントーンの3社から最新のIoT+クラウド技術製品について紹介します。

セミナーの終盤で、クラウドサービスの最先端である High Productivity Application Platform as a Service (hpaPaaS) の領域でKDDIxSoracomxKintoneの3社の技術を組み合わせた最先端技術によるデモを披露します。

*Application Platform as a Service (hpaPaaS): 生産性を重視し、システムインフラに依存せず、専門的なプログラミングスキルを必要とせずに高速開発できるサービス
http://resources.kintone.com/gartner-hpapaas-magic-quadrant-2018

■KDDIからはクラウド型遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx Cloud」を紹介します。
 「VistaFinder Mx」は、遠隔の作業現場からスマートフォンやタブレット、モバイルPCなどで撮影した映像を様々なネットワーク回線を使って、簡単、安全、高品質に生中継する遠隔作業支援システムです。ライブ映像・音声による作業指示や確認、現場映像の記録を独自の高画質動画転送技術により安定した品質で中継できます。さらに独自のマーカーレスAR技術によって作業現場側へのリアルタイムでの指示を行うことができ、業務利用に最適なソリューションを提供できます。

■ソラコムはKDDIの通信技術を活用したIoT通信プラットフォーム「SORACOM」を提供しています。
 SORACOMはIoT/M2M向けワイヤレス通信を提供するプラットフォームです。セルラー、LPWA(LoRaWAN、Sigfox)を、1回線からリーズナブルにご利用いただけます。ウェブコンソールやAPIを通じて一括操作・管理することができ、IoTシステム構築に必要となるセキュリティやデバイス管理、クラウド連携などのサービスが用意されています。少ないリソースでスピーディにIoTシステムを構築することができ、ソラコム/KDDI両社の連携によりグローバルなIoTプラットフォームの構築を強力に推進しています。

■「kintone」は自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できるクラウドサービスです。
 開発の知識がなくても業務アプリを直感的に作成でき、チーム内で共有してコラボーレションツールとして使えます。社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているためスピーディーに情報共有ができます。

 一見難しそうに見えるSORAKOM, Kintoneの両サービスですがクラウドの進歩により業界トレンドである「ノーコード」「ローコード」を実現しています。新たなクラウド/コラボレーションツールの世界を事例や技術情報中心にご紹介します。


■参加申し込みはmeetupより:https://www.meetup.com/JTPA-Japanese-Technology-Professionals-Association/events/254297153/
9/14 金曜日 / WSGR 弁護士事務所 / 650 Page Mill Road Palo Alto, CA
18:00開場 参加費は無料です。主催者様により軽食が提供される予定です。

■KDDI株式会社
クラウド型遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx Cloud」
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/09/27/2049.html

■株式会社ソラコム (KDDIグループ会社)
IoT通信プラットフォーム「SORACOM」
https://soracom.jp

■Kintone (サイボウズ株式会社のUS子会社)
開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できるクラウドサービス「キントーン」
https://www.kintone.com/


スピーカー略歴:
KDDI America Inc Director 青柳氏

2001年日本IBM入社。(2002年日本IBMシステムズ・エンジニアリングに出向)
IBMミドルウェア製品のWebSphere MQスペシャリストとしてシステム基盤構築に携わり東京三菱とUFJ銀行の合併プロジェクトなど、基盤チームとしてシステム基盤構築サポート。
2009年に渡米。約6年間ITコンサルタントに従事し、2015年KDDI America Incに入社。西海岸のエンジニアリング部門を担当する一方、全米におけるIoTソリューションを推進。

株式会社ソラコム CTO 安川 健太氏

世界中のヒトとモノがつながり共鳴する社会の実現を目指し、株式会社ソラコムを共同創業。大学院ではIPネットワークのQoSに関する研究、その後エリクソンリサーチにてテレコムとWebの協調やM2M/IoTに関する研究開発。
2012年にアマゾンデータサービスジャパンに転じ、AWSソリューションアーキテクトとして数多くの国内企業のクラウドシステム設計支援を実施した後、シアトル本社に転籍しNoSQLデータベースの開発チームにて開発に従事。東京工業大学大学院 理工学研究科 博士課程修了 博士(工学)。
CTO of the Year 2015/TechCrunch Japan受賞

サイボウズ米国法人(Kintone) Vice President 営業責任者 田邊氏

1992年6月、日本経済新聞社入社、東京本社、名古屋支社、メディアファースト・インターナショナル社(米国ニューヨーク)出向、日経アメリカ社(米国ロサンゼルス)出向、東京本社を経て、2012年10月退社。2012年11月サイボウズ入社。社長室・北米戦略担当を経て、2014年9月、同社・米国法人設立とともにサンフランシスコへ異動。現在、ロサンゼルスを拠点に活動中。1993年、上智大学文学部社会福祉学科卒業。2007年、名古屋大学大学院経済学研究科修了。2010年、フランス国立ポンゼショセ工科大学国際経営大学院修了。
サイボウズ米国法人 Vice President
国際ビジネスアナリスト協会(IIBA)認定 ビジネスアナリスト
南カリフォルニア日米協会 理事


また、今回は会の始まる前30分とスピーチ後にネットワーキング用の時間を用意しています。主催企業様よりこの時間用にソフトな軽食とアルコールが提供されますので、皆様是非ご参加頂けますと幸いです。

特にセミナー終了後に会場のアンケートに答えて頂けると、SFで11月に開催される Kintone connect conference の参加費$495ドルを先着20様に限り無料でご提供頂けるとのことでした。ご興味のある方は是非ご登録下さいませ。

Comments are closed.

Post Navigation