JTPA シリコンバレー・カンファレンス 2011 のスピーカーが決定しましたのでお知らせします。
プログラム概要
開催日: 2011年3月12日(土)
会場: San Jose State University (予定)


スピーカー(敬称略): 
Keynote
大澤 弘治
慶応義塾大学理工学部を卒業後、三菱商事に就職し、情報産業グループでアジア各地のbusiness developmentを行う。93年から米国パロアルト支店に異動し、投資を通じてベンチャー企業とアジアの大企業とを結ぶ業務を行い、年間数百億円のビジネス創出に貢献する。99年三菱商事を退職し、シリコンバレーの著名起業家であるKamran Elahianらと4人でベンチャーキャピタル、Global Catalyst Partners(GCP)を設立、現在Managing Principalとして投資業務を行っている。

金島 秀人
名古屋大学医学部で第一病理助手を務めた後休職し、Stanford大学の客員研究員となる。研究室で開発した技術をもとに教授がシステミックス社を設立する際に、創設者グループのひとりとして参加。システミックス社が売却されたのを契機にセミリタイアし、現在はバイオメディカル・コンサルタントとして各方面で活躍中。

Mako Kawachi Almquis(Career College / Career Consultant)
1984年に米国に移住。Fremont市のNUMMIエンジニアの通訳やSF Bay area近郊都市にて日本語学園教師職も務める。California州日系大手人材派遣紹介会社に11年間、企業と求職者の架け橋としてのコンサルタント職に従事する。シリコンバレー支店長職も兼任。Most Outstanding salesperson of the Yearを数回受賞。現在、Santa Clara 市 の Career College にてCareer Consultantとして、アメリカ人学生に履歴書、面接などのキャリアコーチに携り、キャリアワークショップでは教壇に立っている。

Panel Session I (テーマ:留学から就職)
近藤 誠 (Evernote / Business Development)
半谷 明 (Google / Engineer)
宇野 幸子 (NVIDIA / Human Relations)
Panel Session II (テーマ:日本で就職後転職で渡米)
松田 白朗 (Apple / Senior Software Engineer)
矢部 修 (Apple / Product Design)
江島 健太郎 (Pankaku / Director)
加東 崇 (CRI Middleware / Technical Director)
丹羽 善将 (Twitter / Software Engineer)
Table Session
上記パネラーに加え以下の方々が会場内にそれぞれテーブルを持ち、参加者は自由に話を聞く事ができます。
Mako Kawachi Almquis(Career College / Career Consultant)
氏久 達博 (HootSuite)
赤間 勉 (Anacor Pharmaceuticals)
清田 純 (Stanford Univ.)
中川 智史 (naan studio )
Ray Grieselhuber (Ginza Metrics)
石塚 亮 (RockYou! Asia)
田畑 翔 (SmashBooth)
奥井 一穂 (naan studio)
* スピーカーは都合により変更になる場合があります。

FAQ
イベントについての疑問にお答えするページ及び情報交換用のFacebookグループを作りました。
FAQとグループで解決しなかった場合は svconf2011@jtpa.org までお尋ねください。

Comments are closed.

Post Navigation