カテゴリー: ギークサロン

ギークサロン:「次世代テレビの開発者、廣島直己氏と語る」

*******定員に達しましたので受付を締め切りました*******
<末尾の「ミニギーク情報(おまけ)」もよろしく>
*********************************************************
サロンの内容紹介 by 廣島直己氏:
「半ば強制的に身近な存在となりつつあるデジタルテレビという家電製品。プログラマにとって、その開発とはいかなるものなのか。コアとなる規格や実装から業界裏話まで、ざっくばらんに話したいと思っています。
アナログテレビと違い、デジタルテレビの中身はソフトウェアがメインなので、プログラマの人にはとくに興味深い話ができればいいと思っていますが、深追いしすぎないように気をつけます。
レベルが高い人にも十分わかるような話にするつもりなので、ギークサロン未体験の人たちも気軽に参加してくれると嬉しいですね。」 
廣島直己(ひろしまなおき):
————————–
4ビットマイコンから汎用機まで、組み込みからeコマースまで、幅広い経験を持つプログラマ。
1997年、ドットコムで大金持ちになるために渡米し、ニューヨーク郊外にて友人と起業するも、その他大勢の無名の敗者たちに仲間入り。
2001年、シリコンバレーに居を移し、デジタルテレビの開発に参加、IPO を果たす。一勝一敗 😉

続きを読む

JTPAサロン::ギーク編 「医療用ソフト開発者、高野直樹氏と語る」

>>>>>>>定員に達しましたので受付を締め切りました<<<<<
今回のギークサロンは、Ziosoft, Inc.で医療画像処理のソフトウェアエンジニアを務める高野直樹氏がホストします。
「クリティカルなバグは患者の生死に関わるので許されない」、と高野氏。データの処理中に危篤患者が死亡してしまうことがないよう、巨大なデータ(GBオーダー)をいかに高速に処理するかが氏の課題です。CT/MRIで患者一人あたり数千枚撮影されるデータの分析を自動化するため、3DCGの作成、CAD(Computer Aided Diagnosis)、Segmentation(骨や血管組織のより分け)、測定定量化等のプロセスを自動化し、医師の診断を手助けするソフトウェアの開発に日々取り組んでいます。
医療画像のデジタル化が渇望されている今、巨大データを取り扱うときの技(高速化、データマネージメント)といったギークネタから、薬事法ウラ話まで、異分野の人も楽しめるようなサロンにしたいと思います。職場では、CT/MRIで撮られた生身の人間の断層画像を眺めて過ごすことがほとんどですが、実は「にせヨン様」のニックネームが付くほどイケメンな高野氏と語り合うチャンスです!
高野直樹(たかのなおき):
————————–
東京大学工学部時代からバイトでPCを作成、在庫管理のプログラムをPHPで書く。
IBMで電子決済のバックエンドのプログラムを書き、某証券会社ではマシンのお守りをする傍らスクリーニングのプログラムをPerlで作成。
2001年からザイオソフトで医療画像のプログラムを手掛ける。
専門はボリュームデータを3DCやSegmentationで処理するための実装全般。
アセンブラでのデータ処理の高速化、COM、SOAP、ASP、C#、MFC等、結構何でも屋。
———————————————————————-

続きを読む

JTPAサロン::ギーク編 「VoIPエンジン開発者、奥井一穂氏と語る」

「これからも毎回参加しますからね!」と嬉しいコメントをくださる常連の方も現れるほど人気のギークサロン、今回も奥井一穂氏をホストに朝の2時頃までギークトークに花が咲きました。応募および参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。
以下、参加者の須藤義人氏から感想をいただきました。
————————————————————-
9月22日金曜日、Los AltoのMUSE Associates内でJTPAサロン:ギーク編が開催されました。今回の講師はAbiosso NetworksでChief Software Architectを務める奥井一穂氏。
リソースの非常に限られたEmbedded Systemでの開発手法・考え方を今流行のWeb 2.0と対比しながらの発表でした。Web 2.0では開発者を楽にすることを考えたり(ライブラリの作成・利用など)、コンピュータに頑張らせる(サーバーを並べるなど)が、Embeddedではコンピューターの処理能力には限界があり、開発者が頑張りうまく目的を達成していくことをわかりやすくまとめられていました。参加者の多くがZ80時代にアセンブラプログラミングや、通信システムの経験者ということもあり、議論は大いに盛り上がりを見せました。
また、最後はシリコンバレーでの生活についての話題となり、とくに英語の習得については参加者それぞれの独特の手法が紹介されるなど、開発に限らず、内容に富んだ会となりました。
————————————————————-

続きを読む

JTPAでサロン文化の復活か!?シリーズ:ギーク編

以下、工藤拓氏によるサロン開催の感想を参加者の平野耕一さんから一言いただきました。
————————————————————-
開発者の工藤拓氏を囲んで、大いに盛り上がりました。工藤氏の「一見複雑な問題を煎じ詰め、徹底してシンプルで汎用的な機構で解いてしまおう」という取り組みが迫力もって語られました。参加者の口からは、「ここに日本の頭脳あり」「(ソフトウェアの力に関する)世界観が変わった」などが聞かれ、工藤氏のプレゼンテーション終了後も、夜中まで歓談が続き、工藤氏に難解なアルゴリズムの詳説を求めている姿もみられました。
————————————————————-
当日のプレゼン資料はこちら

続きを読む

JTPAでサロン文化の復活か!?シリーズ:スーツ編

8月11日金曜日に、ベンチャーキャピタリストの大澤弘治氏をホストにJTPAサロンを開催しました。既に起業や会社経営の経験のある方から、将来起業を目指す学生の方を含め、合計5名の一般参加者にお集まりいただきました。VC関連の基本用語の解説、臨場感の溢れるVC裏話等、現役のベンチャーキャピタリストと少人数で密度の濃い話し合いをする貴重な機会となりました。

続きを読む

JTPAでサロン文化の復活か!?シリーズ:ギーク編

ギークサロンと称し、7月7日に江島健太郎氏によるJavaScriptの勉強会を開催しました。FireFoxを使ってコードを実行しながらのプレゼン、濃いギークトークで大いに盛り上がりました。会の最後に全員に配られた、江島氏著「ASTERIA実践ガイド」は思いがけない嬉しいプレゼントとなりました。
当日のプレゼン資料はこちら


続きを読む

Salon de JTPA第二弾:渡辺千賀

JTPAでは「サロン」と称し11月17日に「渡辺千賀氏と語る会」を開催しました。
少人数でしかできないディスカッションを目的としたサロン企画ですが、大いに盛り上がったようです。
開催報告はこちら:
レポート1
レポート2
レポート3

続きを読む

川原英哉氏 Project Looking Glass を語る

**************************************************
JTPAでは、10月21日、米サン・マイクロシステムズの川原英哉氏をお招きしてセミナーを開催しました。
以下はセミナーの告知です。
**************************************************

続きを読む

Page 13 of 13

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén